FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nikon COOLPIX W300 伊豆で水中撮影!

COOLPIX W300

Nikon COOLPIX W300 の実力!
と題して、2018年7月14日 SAT
静岡県 伊豆海洋公園で潜って試してみた。

快晴の伊豆でスクーバダイビング。
この日はビーチを3ダイブした。
久しぶりにウェットスーツダイブ。

長年潜水用に使用していたOLIMPUSコンデジがついに起動しなくなった。

そこでハウジング無しで水深30mまで撮影できるカメラ、
Nikon COOLPIX W300を購入!
COOLPIX W300

カラーはフラッグシップカラーのオレンジ、イエロー、そして迷彩色。
なつかしのニコノスVのカラーと同じオレンジを選んだ!

専用のシリコンプロテクターがあるのがうれしい!
COOLPIX W300

早速テストしてみた。
当日の海は水温はまあまあ快適な22〜23度。
透明度はイマイチの10〜15前後。
さっそくモニタリング。
画像は一部トリミングはしたが色調整はせずにアップした。

このカメラは水に浸かると自動的に水中撮影モードになる。
そして水深系が表示される。
COOLPIX W300 水深計測画面
(メーカー画像より)

ダイブコンピューターと合わせて見たが、なかなか正確だ。
深度計の代わりにもなるっ!
ただし30mまで。
深深度潜水が好きな自分にとっては微妙だ…。

魚影撮影。
キホシスズメダイか?
IOP キホシスズメダイ

まずお出迎えはアカエイ。
遠目からズームするとフラッシュが働き、周囲の浮遊物を拾ってしまう。
IOP アカエイ

近寄ると逃げてしまう…。
IOP アカエイ
フラッシュ撮影禁止設定、宿題だ。

1の根の先端付近、水深25mからの水面。
IOP 海底からの水面
透明度がよければ全体的に明るくなりもう少しよく撮れるだろう。

自撮りは…
COOLPIX W300 水深25m 自撮り
水中での自撮り、なかなかうまく行かなかった。
気軽に再生もできるのでもっとインスタばえ狙わないと、反省…。

この日はホンソメワケベラのクリーニングデーなのか、あちこちで
クリーニング中のお魚が多かった。
IOP ホンソメワケベラ

定番のハナクマノミ。
20180714_iop_12.jpg
あいかわらずよく動き警備中。
そんな動きもハウジング無しの操作性の良さで意外と撮れる。
操作と機能に慣れれば使えるカメラかも。

さて伊豆といえばマクロ人気。
ショップのマップに書いてあったウミテング。
IOP ウミテング
小っちゃ!

どれくらい小さいかというと、
IOP ウミテング
こんなモン…。
(触れていはいません)

そしてヒラヒラと舞っていたテンスの幼魚。
IOP テンス幼魚

初心者ダイバーのフィンワークで吹き飛ばされていた。
人間が巨大なマッコウクジラの一振りで吹き飛ぶ感じだろうか。
伊豆ではピークパフォーマンスヴォイヤンシー、必須だ!

とてもカラフルなウミウシ。
ニシキウミウシだと思うが、よくわからん…。
IOP ニシキウミウシ
カラフルな海のナメクジ…だ。
コイツもダイバーに人気。
派手な色しているけど攻撃用の毒などは無い。
種類によっては毒を内蔵していることもあり、食用には適さないらしい。

カラフルだったので動画も試してみた。
どれだけの視界かがよく分かる。



まあまあ撮れる。

ポストの番人をしていたウツボ。
IOP 水中ポスト

とにかく操作性が良く、コンパクト性に優れている。
IOPはエントリーとエキジットが初心者には大変。
(昔よりはるかに快適になったが)
そんなときでもBCDのポケットにカメラを入れておけるのがありがたい。

3本目にもなるとやっと慣れてきた。
IOP 魚眼

あまり撮影欲がないので、どうしてもシャッター押すだけダイバーだ。
せっかく良いカメラをGETしたので次回はもう少し真剣に撮ってみようと反省。

翌日、神奈川県は鵠沼海岸でボディボードをした。
水辺のレジャー、アウトドアで大活躍したのは言うまでもない。

I’ll be in touch.
スポンサーサイト

中新田 諏訪神社のみこし(神輿)奉納

2018.May 中新田諏訪神社神輿

神奈川県海老名市。
中新田の諏訪神社に新しいみこし(神輿)が奉納された。
縁あって、その様子を見ることができた。
中新田諏訪神社神輿1

お祭りでかつぐみこしはいつも揺れているし騒がしい。
みこしを間近でゆっくりと見れる機会はめったにない。
ましてや新品のみこしの奉納儀式などは一生に何度も見れるものではない。
今回は神輿のオーダー後、初めて神社に奉納される一部始終に立ち会った。

ピッカピカのみこし。
中新田諏訪神社神輿2

日本の造形と職人技はすごいっ!
まずはとくとご覧あれ。
中新田諏訪神社神輿3
中新田諏訪神社神輿4
中新田諏訪神社神輿5
中新田諏訪神社神輿6
中新田諏訪神社神輿12
中新田諏訪神社神輿14
中新田諏訪神社神輿15


中新田諏訪神社神輿8
みこしのてっぺんには黄金に輝く鳳凰が鎮座する。
鳳凰はクレーンで丁寧にみこしの上の台座にセットされる。
この写真はセットされる直前に地上で撮影されたもの。

中新田諏訪神社神輿9
中新田諏訪神社神輿10
中新田諏訪神社神輿11
鳳凰の尾の羽部分に注目。
数えたら7つの玉が埋め込まれている。
これはタイガーアイ(Tiger Eye)だそうだ。
本物のタイガーアイ天然石かどうかはわからないが。
ひとつひとつの造形はいつまでも見入ってしまう。

中新田諏訪神社神輿7
鳳凰の下の周りに配置する鳥。
見たところツバメのような尾だが、種類は不明。

中新田諏訪神社神輿16
これから奉納される神社に向かう直前。
ていねいにさらしが巻かれて、担ぎ用の棒が差し込まれた状態。

中新田諏訪神社神輿13
鈴は巻かれた白いさらしにあたって美しい音色がなるように丁寧に結われていた。
この結い方、大きく揺れてもみこし本体に鈴が当たることが無いそうだ。

中新田諏訪神社神輿18
神様の御霊(みたま)をみこしに移す儀式がおこなれて奉納。

中新田諏訪神社神輿17
神社に無事に奉納されたみこし。
これからこの鳳凰は中新田・諏訪神社のお祭などで地元の人々を大事に見守っていくことだろう。

I’ll be in touch.

tag : 神奈川県 海老名 中新田 諏訪神社 みこし 神輿

スタジオハーミットRSS
プロフィール

STUDIOHERMIT

Author:STUDIOHERMIT
スタジオハーミットのオフィシャルブログです。Adobe Photoshop,Illustratorのスキル、Apple Macintosh関連の情報を配信しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Mail form.

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。