fc2ブログ

アップルウォッチウルトラ&OCEANIC+

Apple Watch Ultraにダイブコンピューターアプリ、
OCEANIC+をインストールして伊豆でダイビング!
AppleWatchUltra2023

2023年7月。
伊豆海洋公園(IOP)ダイビングで使用してみた。
Izu IOP

ダイビングでダイブコンピューターとして使用したくて
この冬にApple Watch Ultraを購入。
AppleWatchUltra2023

昨年までダイブコンピューターを買おうか迷っていたがAppleWatchUltraに決めた。
決め手として、OCEANICという老舗ダイビング器材メーカーがAppleWatchUltra用にダイブコンピューターアプリを発表したことだった。
aceanic-plus-app_2023

AppleWatchUltraだけでもじゅうぶん潜水ウォッチになると思っていたがアプリが出るなら期待できる。
そして待ちに待った夏、伊豆海洋公園で早速使ってみた。

【ダイビングログ】
ポイント:静岡県東伊豆・伊豆高原(IOP)
天候・海況:快晴、風無し、波も穏やか
水温:22度〜16度
透明度:7〜10メートル

2023_IOP_Diving


基本、潜水時自動計測モードで早速潜降。
水底に着底後、AppleWatchの左サイドボタンクリックを忘れており画面の指示でクリック、計測開始となった。
今までの液晶のみの画面と異なり、明るく見やすい画面のため(老眼でも)文字盤がきれいに読めるので快適!
ビーチエントリーでも、エキジット時に5メートル付近でバイブ機能で安全停止画面点滅となりカウントダウンを開始。
このバイブ機能は大変ありがたい!
安全停止警告もイエロー画面でカウントダウンタイマーも見やすかった。
oceanic+

そして楽しいのがログブック機能。
タンクの種類とか、潜水時の透明度などは後から編集で記録を付ける。
今までのログブック記録タイムでは、ダイブコンピューターをいじりながら、あ〜だこ〜だと記録していた。
それがiPhoneのOCEANIC+アプリのログブックを見ながら記録できるのが楽しい。
aceanic-plus-app_2023
aceanic-plus-app_2023
aceanic-plus-app_2023
aceanic-plus-app_2023


潜水時の記録もわかりやすいグラフイメージで見れる。
一緒にログ付けするBuddyにも見せて、そのときのダイビングの深度移動を伝えることが簡単にできる。
aceanic-plus-app_2023

最後によくわからないけど、AppleWatchの水抜き機能が働く。
排水しますなどの画面となるので指示通りにするが、とくにAppleWatchの隙間から水しぶきが飛び出すようなのは見えない。
きっと細かい水分を排水して機械を守っているのだろうと安心感があるが、果たして本当かどうかは不明。
とにかくAppleWatchのダイブコンピューター利用は自分にとっては大成功だった。

これだからダイビングはやめられないっ!!

I’ll be in touch.
スポンサーサイト



tag : applewatchltraoceanicダイブコンピューター伊豆海洋公園スキューバダイビングログブック

Nikon COOLPIX W300 伊豆で水中撮影!

COOLPIX W300

Nikon COOLPIX W300 の実力!
と題して、2018年7月14日 SAT
静岡県 伊豆海洋公園で潜って試してみた。

快晴の伊豆でスクーバダイビング。
この日はビーチを3ダイブした。
久しぶりにウェットスーツダイブ。

長年潜水用に使用していたOLIMPUSコンデジがついに起動しなくなった。

そこでハウジング無しで水深30mまで撮影できるカメラ、
Nikon COOLPIX W300を購入!
COOLPIX W300

カラーはフラッグシップカラーのオレンジ、イエロー、そして迷彩色。
なつかしのニコノスVのカラーと同じオレンジを選んだ!

専用のシリコンプロテクターがあるのがうれしい!
COOLPIX W300

早速テストしてみた。
当日の海は水温はまあまあ快適な22〜23度。
透明度はイマイチの10〜15前後。
さっそくモニタリング。
画像は一部トリミングはしたが色調整はせずにアップした。

このカメラは水に浸かると自動的に水中撮影モードになる。
そして水深系が表示される。
COOLPIX W300 水深計測画面
(メーカー画像より)

ダイブコンピューターと合わせて見たが、なかなか正確だ。
深度計の代わりにもなるっ!
ただし30mまで。
深深度潜水が好きな自分にとっては微妙だ…。

魚影撮影。
キホシスズメダイか?
IOP キホシスズメダイ

まずお出迎えはアカエイ。
遠目からズームするとフラッシュが働き、周囲の浮遊物を拾ってしまう。
IOP アカエイ

近寄ると逃げてしまう…。
IOP アカエイ
フラッシュ撮影禁止設定、宿題だ。

1の根の先端付近、水深25mからの水面。
IOP 海底からの水面
透明度がよければ全体的に明るくなりもう少しよく撮れるだろう。

自撮りは…
COOLPIX W300 水深25m 自撮り
水中での自撮り、なかなかうまく行かなかった。
気軽に再生もできるのでもっとインスタばえ狙わないと、反省…。

この日はホンソメワケベラのクリーニングデーなのか、あちこちで
クリーニング中のお魚が多かった。
IOP ホンソメワケベラ

定番のハナクマノミ。
20180714_iop_12.jpg
あいかわらずよく動き警備中。
そんな動きもハウジング無しの操作性の良さで意外と撮れる。
操作と機能に慣れれば使えるカメラかも。

さて伊豆といえばマクロ人気。
ショップのマップに書いてあったウミテング。
IOP ウミテング
小っちゃ!

どれくらい小さいかというと、
IOP ウミテング
こんなモン…。
(触れていはいません)

そしてヒラヒラと舞っていたテンスの幼魚。
IOP テンス幼魚

初心者ダイバーのフィンワークで吹き飛ばされていた。
人間が巨大なマッコウクジラの一振りで吹き飛ぶ感じだろうか。
伊豆ではピークパフォーマンスヴォイヤンシー、必須だ!

とてもカラフルなウミウシ。
ニシキウミウシだと思うが、よくわからん…。
IOP ニシキウミウシ
カラフルな海のナメクジ…だ。
コイツもダイバーに人気。
派手な色しているけど攻撃用の毒などは無い。
種類によっては毒を内蔵していることもあり、食用には適さないらしい。

カラフルだったので動画も試してみた。
どれだけの視界かがよく分かる。



まあまあ撮れる。

ポストの番人をしていたウツボ。
IOP 水中ポスト

とにかく操作性が良く、コンパクト性に優れている。
IOPはエントリーとエキジットが初心者には大変。
(昔よりはるかに快適になったが)
そんなときでもBCDのポケットにカメラを入れておけるのがありがたい。

3本目にもなるとやっと慣れてきた。
IOP 魚眼

あまり撮影欲がないので、どうしてもシャッター押すだけダイバーだ。
せっかく良いカメラをGETしたので次回はもう少し真剣に撮ってみようと反省。

翌日、神奈川県は鵠沼海岸でボディボードをした。
水辺のレジャー、アウトドアで大活躍したのは言うまでもない。

I’ll be in touch.
スタジオハーミットRSS
プロフィール

STUDIOHERMIT

Author:STUDIOHERMIT
スタジオハーミットのオフィシャルブログです。Adobe Photoshop,Illustratorのスキル、Apple Macintosh関連の情報を配信しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Mail form.

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク