スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み 2017 群馬県 万座温泉編

三日目、万座温泉周辺でトレッキング
最初は有名な湯釜。
今は近くまでは行けないので、遠目からしか見れない。
gunma2017_15.jpg

次は本白根山へトライ。
珍しい高山植物「コマクサ」が見れるのこと!
(コマクサってなんだ? そんなにすごいのか?)
訪れる人々はこぞって、珍しや〜と写真を撮っていた。
(高山植物? 興味ないんだよな〜、正直そんなに美しい花に見えない…)
gunma2017_16.jpg
gunma2017_17.jpg
gunma2017_18.jpg

高山植物よりも、途中の爆裂噴火の後の大きなくぼみに見惚れた。
火口の中に火口があるというが、よくわからん。
しかし大きな火口は「君の名は」の祠があった大きなくぼみにそっくりだった。
写真ではわかりづらいかも。
gunma2017_19.jpg

この日の夜。
ホタルツアーに行った。
万座から志賀高原に降りて行くと、珍しいホタルの生息地があるとのこと。
ホタルは美しく、見惚れたが、それよりもガイドの
大雲芳樹(オオクモヨシキ)さんがとても素晴らしかった。
このガイドさん、軽井沢からわざわざ来て案内してくれたのだが、世代が近かったせいか、とても楽しい思い出を頂いた。
万座から志賀、と聞いて、スキーを連想する世代。
「私をスキーに連れてって」
志賀・万座ルートだ。
ガイド中、そんな話題も出れば、日本で一番標高の高い、元有料道路のネタ。
スカイラインという道路だが、かつて日産がそこで新車の走行テストをしたことで、
後の名車スカイラインの命名となったとか。
なんとも楽しい夜のツアーを堪能した後、標高の高い万座の硫黄温泉に浸かると、そういえば右の脇の下、いつの間にか痛くないことに気がつく。

翌日の最終日、早朝。
湯釜よりも感動したのが、万座プリンスホテルのすぐ裏手にある池。
万座牛池
鏡のような水面の美しいこじんまりとした池。
今回の観光の中で、一番美しいと見惚れた池だった。
gunma2017_20.jpg

いよいよ帰路。
万座から嬬恋方面へ行く途中の小さなドライブイン。
ここで飲んだスパークリングリンゴジュースが美味しかった。
gunma2017_21.jpg

その後は軽井沢。
ここはもう長野県。
最後に軽井沢でランチ。

トラットリアプリモ

かなり行列の有名店です。
運良く駐車場にすぐに入れたのだが、車の誘導してくれたスタッフ。
あれ、昨晩素晴らしい思い出をくれた、ガイドさんじゃないか!
そう、大雲さん、このお店のえら〜い人なのです。
お忙しい人ですが、軽井沢近辺の自然を愛する山岳ガイドさんなのです!
軽井沢周辺で山岳ツアーを検討中の方、ぜひ大雲さんにご相談してみては?

FIELD MANAGEMENT
www.field-management.com

軽井沢といえば、スーパーマーケットツルヤは外せない。
お決まりのお土産タイム。
りんごのバタージャムを選び、帰路へと。

ほとんど渋滞もなく帰宅した東京はやはり暑い…。

群馬県パワーのおかげですっかり神経痛が治り、感謝!

最後に夏休みのオマケ!
蝉の脱皮
初めて蝉の脱皮を最初から最後まで見た。
(蚊にさされながらも最後まで見守った…)
gunma2017_22.jpg
gunma2017_23.jpg
gunma2017_24.jpg

いくつになっても楽しいキーワード!「夏休み」

I'll be in touch.
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : 群馬県 四万たむら 四万温泉 万座温泉 万座牛池 大雲芳樹 コマクサ 私をスキーに連れてって トラットリアプリモ 軽井沢

コメント

Secret

スタジオハーミットRSS
プロフィール

STUDIOHERMIT

Author:STUDIOHERMIT
スタジオハーミットのオフィシャルブログです。Adobe Photoshop,Illustratorのスキル、Apple Macintosh関連の情報を配信しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Mail form.

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。