FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォトショップ&イラストレーターCS4で「ろうの刻印スタンプ」を作成してみよう!(2)

「熱で溶かしたロウの刻印スタンプ」を作ってみよう!(ステップ2)

(4)フォトショップでファイルを開く
「~.psd」として保存したファイルをフォトショップで開く。
レイヤーを見ると、イラストレーターで作成したオブジェクトごとにグループ分けされている。
(古いフォトショップバージョンではグループ化されて表示される機能はありません)
stump_007

レイヤーの右上の端をクリックして、レイヤーのオプションメニューを開く。
そこで、「グループを結合」を選ぶ。
stump_008

次に、レイヤーを選択してアクティブ状態にして
「選択範囲」→「すべてを選択」、
「イメージ」→「色調補正」→「階調の反転」を選ぶ。
stump_009

黒色が反転して白になる。
次の準備のため、このレイヤー全体をコピーする。
stump_010


(5)アルファチャンネルを使う
次にレイヤーと並ぶ「チャンネル」のタブをクリックする。
右上端をクリックしてオプションメニューで「新規チャンネル」を作成する。
例ではチャンネル名を「spade」としている。
stump_011

この「spade」チャンネルに先ほど(手順4)のコピーをペーストする。
黒いチャンネルに白の部分だけがコピーされる。
stump_012

次に新規チャンネルを新たに作成する。(アルファチャンネル1)
stump_014


(6)スタンプしてはみだしたロウの状態を作る(1)

アルファチャンネル1をアクティブにした状態で、選択範囲ツールで
ざくざくとスタンプされてはみだしたロウの部分を作る。
最初は角ばっていてもよい。
stump_015

選択範囲を作成したら、
「選択範囲」→「選択範囲を変更」→「滑らかに…」→「20pix」とする。
stump_016

できあがった選択範囲は塗りつぶしツール(バケツアイコン)で白で塗りつぶす。
stump_017
stump_018


(7)スタンプしてはみだしたロウの状態を作る(2)

アルファチャンネル1をコピーして「アルファチャンネル1のコピー」を作る。
そのチャンネルがアクティブの状態で、
「選択範囲」→「選択範囲を読み込む…」→「spade」として、
削除(deleteキー)する。
そうするとspadeチャンネル部分が黒い状態で表示される。
「選択範囲」→「選択範囲を読み込む…」→「アルファチャンネル1のコピー」とする。
選択範囲がアクティブの状態で、
「フィルタ」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」→4.5pixelとする。
白と黒の境界線が薄黒くなる程度でよい。
stump_019

次にレイヤー表示に戻り、新規レイヤーを作成する。(レイヤー2)
stump_020

レイヤー2に「選択範囲」→「選択範囲を読み込む…」→「アルファチャンネル1」として、
選択範囲内に塗りつぶしツール(バケツアイコン)で赤で塗りつぶす。
stump_021

スタンプのロウの色をここで決めているが、後で色は変更できる。

To Next Step>>> ステップ3へ
Back To Before Step>>> ステップ1へ戻る
スポンサーサイト

テーマ : Photoshopを楽しもう!
ジャンル : ブログ

tag : スタジオハーミット photoshop illustrator cs4 Adobe スタンプ作成 照明効果 アーティスティック ラップ アルファチャンネル

コメント

Secret

スタジオハーミットRSS
プロフィール

STUDIOHERMIT

Author:STUDIOHERMIT
スタジオハーミットのオフィシャルブログです。Adobe Photoshop,Illustratorのスキル、Apple Macintosh関連の情報を配信しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Mail form.

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。