FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォトショップの自動処理機能で複数画像をサムネイル化しよう!

Adobe Photoshop CS~CS4
自動処理コンタクトシート使用方法


今回はPhotoshopの自動処理の利用方法を紹介します。
紹介する自動処理は「コンタクトシート2」です。
目的は複数の画像を自由にサムネイル(アイコン画像化)させて
画像閲覧ファイルにまとめることです。

(1)複数の画像が格納されたフォルダを準備。
今回は15ファイルが入った画像をA4サイズのファイルに
9枚、6枚に分けたサムネイル一覧ファイルを作ってみます。

(2)コンタクトシート2を開きます。
「ファイル」→「自動処理」→「コンタクトシート2・・」
をクリックします。
自動処理コンタクトシート2_1


(3)サムネイル表示の設定。
サムネイルをA4ファイルに何枚ずつ表示させるか決めます。
ここでは9枚なので、3と3にします。
「回転して最適サイズに合わせる」にチェックを入れると、
自動的に画像が均一に並ぶようにしてくれます。
設定が終わったら、目的の画像の格納されたフォルダを参照します。
自動処理コンタクトシート2_2

自動処理コンタクトシート2_3



(4)自動処理スタート
フォルダを選択して、「選択」をクリックすると、
Photoshopが勝手に動き出します。
まず自動的に空白の背景ファイルを作り始めます。
そこにレイヤーを作って、画像を順番に開いて勝手にリサイズして
貼付けしてファイルを作っていきます。
1ファイル目に、指定の9コマが入ると、
2ファイル目を作り始めます。
重い画像を扱ったり、ファイル数が多いとそれだけ時間がかかります。
ここではパソコンのCPUやメモリーの搭載量によって速度は変わってきます。
自動処理が終わると、ファイルが完成します。
自動処理コンタクトシート2_4


Point!
コンタクトシートは作るファイルの解像度などを
指定して作れますが、ファイルや作成が重くなります。
軽くサムネイルを作りたい方は、フリーソフトなどを
利用することをオススメします。



(5)CS4だけ後からインストール!
CS3まではPhotoshopに最初から搭載されていた機能です。
しかしなぜかCS4からはメニューにありません。
後からプラグインとして自分で入れないと、
「コンタクトシート2」は使えません。
CS4の方は、Adobeのサイト、

http://kb2.adobe.com/jp/cps/234/234986.html

で、プラグインのダウンロード方法を見てご利用ください。
難しくはありませんし、一度プラグインを入れてしまえば、
ずっと使えるようになります。

自動処理コンタクトシート2_URL


I'll be in touch.
スポンサーサイト

テーマ : Photoshopを楽しもう!
ジャンル : ブログ

tag : スタジオハーミット Photoshop cs cs4 contactsheet Adobe 自動処理 コンタクトシート サムネール作成 画像整理

コメント

Secret

スタジオハーミットRSS
プロフィール

STUDIOHERMIT

Author:STUDIOHERMIT
スタジオハーミットのオフィシャルブログです。Adobe Photoshop,Illustratorのスキル、Apple Macintosh関連の情報を配信しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Mail form.

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。